知っておきたい良い家庭教師の見分け方
【三重版】本当におすすめの三重の家庭教師ランキング
【三重版】本当におすすめの三重の家庭教師ランキング
【三重版】本当におすすめの三重の家庭教師ランキング
  1. 良い家庭教師の見分け方ガイド

良い家庭教師の見分け方ガイド

良い家庭教師の見分け方ガイド

良い家庭教師の見分け方ガイド

星の数ほどいる家庭教師の中から自分の子どもにピッタリの家庭教師を見つけるのは気が遠くなる作業な気がしますよね。しかしそのために事前に出来ること、注意してチェックすべき項目はいろいろとあります。まずは良い家庭教師を見分けるために、以下の項目を頭に入れておきましょう。

まずは確認すること

指導経験の有無

指導経験が豊富であれば必ず成績をアップさせる力があるとは言い切れませんが、指導することによって家庭教師本人が成長していくことは確かです。経験の多さによって対応できる子どものタイプも増えていきますので、指導経験が少ないよりは多いほうがいいでしょう。これまでにどんな子を指導してきたかを聞いてみるというのも1つの手です。

指導のノウハウがあるか

家庭教師派遣センターによっては、そのセンター独自の指導法を徹底して行うよう各教師に指示しているところもありますが、教師の中にはそのセンターのやり方をただ踏襲して指導する人センターのやり方を押さえつつも子どもに合わせていくつかの指導法を持っている人個人的な経験によって独自の指導法を敢行する人など様々です。体験授業のときにチェックしてみることをオススメします。

得意分野と経歴

家庭教師にも得意分野がありますので、子どもの苦手な分野や行き詰まっている教科を得意とする教師を探さなければなりません。さらに受験の時期である場合は、公立・私立によっても受験の傾向は変わってくるので、目標の学校を受験したことがある先生が最も望ましいでしょう。またその学校の在学生・卒業生である場合は合格後の学生生活の話を聞くこともでき、子どものモチベーションアップにもつながります。

学力の程度

家庭教師自身の学力と指導力は必ずしも比例しませんが、例えば子どもが解けずに苦労している問題について先生自身も答えられない、というのでは指導はできません。逆に子どもが理解できずに行き詰まっているポイントを何の苦労もなくクリアした先生は、なぜそこで行き詰まるのかがわからず、それゆえに指導が難しくなるということもあります。苦労して克服した経験があるからこそ指導できるということもあるのです。

教育観と指導方針

例えばとにかく理屈を考える前に丸暗記することを重要視する教師と、理屈に納得して腑に落ちなければ次に進めない子どもが組んでしまうと、子どもはただただストレスを溜めるばかりです。先生も言うことを聞かない子どもにお手上げになってしまうでしょう。家庭教師の考え方の根底に流れる教育観は指導法に影響します。事前にそれとなく世間話をする中でも確認できますので、親御さんがしっかりチェックしてみてください。

性別と年齢

最終的に気が合えば年齢や性別は関係なくなる場合もありますが、例えばどうしても年上の男性は苦手で緊張してしまうという女の子や、年上の女性だと甘えてしまって勉強しない男の子など、明確な傾向がわかっている場合は、まずはそのタイプを避けて探してみるのもいいでしょう。毎週60〜90分間1対1で過ごすことになる相手ですので、ストレスにならないようにすることが大切です。

どんな性格か

子ども1人ひとり性格が違うように、家庭教師にも様々な性格があります。性格は相性を決定する最重要事項と言っても過言ではありません。指導力があれば性格は関係ないと考える親御さんもいるかもしれませんが、せっかくの指導力も性格が合わなければ発揮されないのです。お子さんの性格をよく把握した上で、合いそうな性格を持った家庭教師を選びましょう。

教育に対する熱意

指導力の高さや子どもとの相性も大切ですが、この2点をバックアップするのは家庭教師が持つ熱意です。熱意がなければ指導力は高くなりませんし、仮に性格が良くても熱意なしには子どもとの関係は築けません。また、それまでまったく知らなかった2人が突然2人きりで勉強を始めるわけですから、最初からうまくいかないこともあるでしょう。そういった問題をクリアするために最も必要なのは教師の熱意だと言えます。

生徒の実力を理解してくれるか

良い家庭教師であれば、いくつか演習問題を解かせれば、その生徒がどの分野が得意なのか、どの単元が苦手なのか、ある程度特定することができます。たとえば、学校の授業についていけない生徒の場合には、「何が分からないのか分からない」という子どもも少なくはなく、「分からないところはある?」と聞いてもほとんどの生徒は「ない」と返事をしてしまいます。これを鵜呑みにして次々演習を進めてしまうような先生では、指導をしてもらう意味がありませんよね。

生徒に合った問題を選んでくれる

問題集をかたっぱしから解かせ、ただ答え合わせをするような指導方法では、お子さんに家庭教師をつけているのに全然成績が上がらないという事態も起こり得ます。本当に良い先生であれば、そのお子さんにもっとも合った問題を解かせ、解き方が自分のものになってきたなと判断したらさらにスモールステップで応用問題に進んでいき、完全に定着したと感じたら次の単元へ、というように、いちばん効率的に学習を進めてくれます。

宿題を出してくれる

家庭教師に教わる時間は週に1~2回程度なので、指導中は解けるようになったはずの問題でも、翌週になると忘れてしまうということは良くあります。授業で学習したところを忘れないために、宿題を適度に出題することは重要です。とは言え、自分で勉強する習慣がついていない子供は、宿題を自分で進められることができず、断念してしまう可能性もあります。その生徒がちょうど自力で取り組める料と内容の宿題を出せるというのも、先生の力量にかかっています。

良い家庭教師を見分ける方法

家庭でまず準備する

家庭教師をつけることを決めたら、まずはどんな先生がいいかを親子でじっくり話し合ってみましょう。子どもの性格や状態、そして要望をよく理解した上で、親御さんが派遣会社にしっかりと希望を伝えることができるように、この段階で家庭教師に求める人物像などを明確にしておく必要があります。ここがあやふやだとこの後苦労した挙げ句、思ったのと違った結果になりかねませんので、この事前準備はとても重要です。

派遣会社にヒアリングを行う

事前準備で明確になった家庭教師像をもとにいくつか派遣会社を選出します。そして電話やメールなどで、派遣会社の指導法や家庭教師の特徴などをヒアリングしてみましょう。この時点で金額も含めて聞きたいことは全部聞いてみることが重要です。そしてこの段階ではっきりしたことを教えてくれなかったり、まずは契約を・・・と言って来たりする会社は候補から外すことをオススメします。

教師と面談を行う

必ず家庭教師と親御さんとお子さんの3人での面談を希望しましょう。体験授業を受ける日の授業前でも構いません。最初に事前準備の段階でお子さんと話し合って明確になった家庭教師に求める項目について、ここでしっかりチェックします。熱意や教育観、指導方針などを直接聞いてもいいですし、また先生の中高生時代の話を世間話として聞く中から情報を得ることもできます。

体験授業を受けてみる

体験授業は必ず受けましょう。面談を行うことも重要ですが、実際に指導を受けてみることで得られる情報量は膨大です。また面談でいい先生だ!と思っても、実際に指導を受けてみると意外と子どもとの相性がよくなかったということもあります。どのくらいの指導ノウハウがあるか、派遣元のしばりがどの程度あるかなどもここで確認できます。小学生や中学1、2年くらいまでは親が同席するのもいいでしょう。

教師を決定する

面談と体験授業の内容を受けて、教師を決定します。そして良い家庭教師を見分ける方法はこれで終わりではありません。教師が決定して毎週家にやってくるようになった後も、親御さんは積極的に先生とコミュニケーションを取るようにしましょう。最初はどうかな・・・?と思ったけどだんだん良い先生になってきた、ということもありますし、逆もあります。一緒に成長していけるような良い関係を築くために、コミュニケーションをとり続けることはとても大切です。

家庭教師を見分けるときの注意事項

「うちの子を伸ばしてくれる良い家庭教師を選びたい!」と思ったら、親御さんは「優秀な先生を多く抱える業者はどこだろう」と派遣会社を探してしまいがちです。しかし、会社としての体制がしっかりしている、プロ家庭教師をこれだけ多く抱えている、家庭教師の身元調査が万全である、といったようなことを売りにしている業者には気をつけたほうがいいかもしれません。ここでは、子どもを指導する上で良い先生を選ぶために、注意すべき点についてご紹介しましょう。

先生の学歴をあてにしない

偏差値の高い大学を出ているからといって、子どもに勉強を教えることが得意であるとは限りません。それよりも、勉強で失敗した経験を持っていたり、やんちゃな男の子とも渡り合えるようなバイタリティ溢れる先生の方が頼もしいということもあるかも知れません。大切なのは学歴ではなく、指導力がある先生です。「良い大学に通っているから時給が高い」という理由だけで家庭教師のアルバイトをしている学生もたくさんいます。適切な目標設定を行い、成績を上げる意思を持っている先生を選びましょう。

学生講師には要注意!

学生教師のデメリットはやはり、自身の大学の試験やクラブ・サークル活動にスケジュールが左右されてしまうという点が挙げられます。大学の試験などでしょっちゅう授業が休みになってしまう、6年生の夏休みという大切な時期にあまり来てもらえなかった、というような不満の声も聞かれがちです。また、まだ自らも学んでいる最中ですし、指導経験が浅いというデメリットも挙げられます。もちろん、生徒と年齢が近く、親身になって接してくれるというメリットもありますが、打ち解け過ぎて雑談や無駄話ばかりになってしまうことも心配です。

三重県でオススメの家庭教師ランキング発表!

四日市市のおすすめ家庭教師TOP3
鈴鹿市のおすすめ家庭教師TOP3
松阪市のおすすめ家庭教師TOP3
津市のおすすめ家庭教師TOP3

よくある家庭教師の個人契約のメリットとデメリット

よくある家庭教師の個人契約のメリットとデメリット

子どもに家庭教師をつける際に利用できる方法として、派遣会社を利用する以外に個人契約という方法があります。

 よくある家庭教師の個人契約のメリットとデメリット

自宅学習や一人の時の勉強法を教えてくれるかどうか

自宅学習や一人の時の勉強法を教えてくれるかどうか

家庭教師を頼むということは、必ず子どもの学力をアップさせたい!という希望がそこにあるということだと思います。

 自宅学習や一人の時の勉強法を教えてくれるかどうか

勉強嫌いをなくす大事な5つのポイント

勉強嫌いをなくす大事な5つのポイント

「どうしてうちの子は勉強が嫌いなんだろう?」と悩んでおられる親御さんは多いと思いますが、最初から勉強嫌いに生まれる子どもはいません。

 勉強嫌いをなくす大事な5つのポイント

不登校の子でもちゃんと教えてくれる家庭教師を選ぼう!

不登校の子でもちゃんと教えてくれる家庭教師を選ぼう!

子どもが不登校になったとき、親はまず子どものメンタル面を心配すると思いますが、同時に気になるのは勉強が遅れてしまうことでしょう。

 不登校の子でもちゃんと教えてくれる家庭教師を選ぼう!

中学受験において家庭教師を雇うメリット

不登校の子でもちゃんと教えてくれる家庭教師を選ぼう!

進学塾に通えば必ず志望校に合格できるというわけではありません。しかし、中学受験で難関校を目指すのであれば進学塾の利用は必須です。

 中学受験において家庭教師を雇うメリット

部活・習い事で忙しい子供の効率の良い勉強法とは

不登校の子でもちゃんと教えてくれる家庭教師を選ぼう!

勉強以外に習い事や部活をがんばっている子どもたちはたくさんいると思います。習い事では勉強では学べないことをたくさん身につけられるために、子どもの可能性を広げたい、あるいは子どもが自らやってみたいということでやらせている人も多いと思います。

 部活・習い事で忙しい子供の効率の良い勉強法とは

夫婦共働きが子どもの学力に与える影響

不登校の子でもちゃんと教えてくれる家庭教師を選ぼう!

先進国の中で、国が教育に関してお金をかける順位がとても低いのが日本です。その分子どもにとって豊かでいい教育をさせようと思うとどうしてもお金がかかってしまうのが今の日本の現実です。

 夫婦共働きが子どもの学力に与える影響
 
三重でオススメの家庭教師TOP3

家庭教師VOX(ヴォックス)

家庭教師VOX(ヴォックス)

先生がしっかり対話しながら関係を築いてくれることで、子どもも自分に自信をつけていくことができます。

家庭教師のトライ

家庭教師のトライ

登録教師は13万人以上!子どもの性格や勉強スピードに合わせて先生を選ぶことができます。

家庭教師ポケット

家庭教師ポケット

子どもによってバラバラの悩み・環境・性格を把握し本人にも理解してもらったうえで、1人ひとりに合った勉強のやり方を導きます。

三重主要エリアのおすすめ家庭教師一覧
三重県の口コミで評判の家庭教師会社リスト
良い家庭教師の見分け方ガイド